読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 エマニュエル・トッドの「問題は英国ではない、EUなのだ」を読んだ。

  第3章の「トッドの歴史の方法」が特に面白かった。人口や家族形態や政治体制など色々な視点から物事を見ていくっていうのはいいなーって思う。

 本で扱ってあったドイツの人口のことが今週の新聞にも載っていた。死亡数は出生数を上回るが、難民の受け入れにより人口が過去最高の8280万人になったとかなんとか。本そのままの内容だけど、それが歪と指摘されているからこういうニュースも目に入ってくるね。
 人口の話でいうと「なぜ?がわかる世界史」にローマ帝国最盛期の五賢帝時代は出生数が落ちているとあった。それから少し下ると、属州民にもローマ市民権が与えられて、みんな平等のローマ市民になっている。最盛期には陰りも見えるわけで、この辺はローマ衰退と関係したりしないかな。しないか。
 
 個人の自立には国家の保障が必要だと書いてあった。同じような内容が「歴史をいかに学ぶか ブルクハルトを現代に読む」にもあって、個人の要請がだんだん国家に強い権能を持たせるという。個人は自由になるため国家を縛ったはずなのに、その関係は次第に変化するのが当然という不思議。これ、今回の本の感想じゃないな。
 
 英米から世界の潮流が変化するという指摘は、確かにそうだなとニュースを見れば思う。英米の選択の理由をしっかり知りたいなと思う。批判のニュースが多いけど、多分そのうち日本にも入ってくる価値だろうからね。冷静にみたいね。


 三島由紀夫の「お嬢さん」を読んだ。このタイトルはズバリだなと思う。お嬢さんって言葉からは、品のいい清廉な、まだ世間を知らない女のイメージが沸くからね。大人でも子供でもないモラトリアム女学生だから出来る話だなあ。太宰の「女生徒」なんかもそうよね。